水 野 秀 彦   プロフィール および 主な活動歴

1962年

8月

名古屋市に生まれる。
1984年 大学在学中、約8カ月の欧州旅行に出る。ヨーロッパアルプス登山をした後、北欧・東欧をはじめとしたヨーロッパ諸国を徘徊する。その際立ち寄ったモロッコの印象が強く、後の協力隊参加につながる。
1989年

9月

パキスタン旅行。 2週間の間北部カラコルム山脈のふところを旅し、山やそこに住む人々の写真を撮影する。このころより海外の風景や人を題材にした写真に興味を持つ。
1990年

4月

4年間勤めた会社を退社し青年海外協力隊に参加。
1990年

8月

モロッコ王国に赴任。造園の技師としてモロッコ政府内務省、アジラル県庁の公園緑地課に配属。オートアトラスの山麓という任地の利を生かし、山間部に何度も足を運びながら、そこに住む人々とふれあい、その生活や自然をフィルムに収める。
1993年

7月

任期延長1年を含む3年の任期を終え、帰国。
1995年

1月

名古屋市民ギャラリーにて写真展開催「モロッコ・オートアトラスの山と暮らし」
1996年

12月

愛知県西尾市国際交流協会にて講演「モロッコに暮らして」及び写真展「モロッコ・オートアトラスの山と暮らし」開催
1997年

8月

名古屋 堀内フォトサロンにて写真展「モロッコ・オートアトラスの肖像」開催
1998年

7月

大阪 堀内フォトサロンにて写真展「モロッコ・オートアトラスの肖像」開催

10月

名古屋 堀内フォトサロンにて写真展「ネパール・聖なるヒマラヤの国から」開催
1999年

4月

名古屋 ノブカフェにて個展「マグレブ残照」開催

6月

愛知県春日井市 ザ・モール春日井(春日井西武) 美術工芸サロン・市民ギャラリーにて個展「子供の情景」開催

8月

写真集&MUSIC CD「こどもの情景」発刊
名古屋市市政資料館にて個展「子供の情景」開催
中日・読売・朝日各紙に紹介される。

9月

大阪 堀内フォトサロンにて写真展「ネパール・聖なるヒマラヤの国から」開催
2000年

9月

広島県尾道市で個展「子供の情景」開催
同市しまなみ交流館シェルネにて講演「子どもの情景」
アコースティックギタリストNODA GOROのギターを伴ったスライドレクチャー

12月

名古屋市ギャラリー&カフェバー‘リベルテ’にて個展「アイスランド 風の景」開催
2001年

3月

三重県鈴鹿市のどじはうすにてギタリスト野田悟朗らと「映像とライブ」共演

4月

三重県四日市市文化会館にて映像とアコースティックサウンドによるチャリティーコンサート「子どもたちよ未来へ」

8月

名古屋堀内フォトサロンにて写真展「インド」開催
2003年

2月

三重県四日市大学コミュニティカレッジにて写真入門講座 講師

3月

広島市JAマタニティフェアにて「世界の子どもの写真展」
津軽三味線奏者“KUNI-KEN”のファーストアルバム“BROTHER”ジャケット写真撮影
2007年
11月
静岡県新居町にて 写真展「子供の情景」in 龍谷寺
2007年
12月
10年ぶりのネパールの旅 AAS募金を集めネパールの子どもたちに奨学金を送るための調査旅行に同行
2008年
3月
名古屋 堀内フォトサロンにて写真展「ネパールの肖像」開催
12月
三重県鈴鹿市白子サンズギャラリーにて「ネパールの肖像」開催
2009年
10月
南信州遠山郷 旧木沢小学校にて写真展 「地球に生きる」子どもたちの肖像
2010年
10月
南信州遠山郷 旧木沢小学校にて写真展 「祈りの景」
2011年
11月
南信州遠山郷 旧木沢小学校にて写真展 「記憶の景」モロッコモノクローム
2011年
11月
南信州遠山郷 郷土館和田城のカフェにて 「記憶の景」モロッコ及び常設展示開始
2012年
11月
南信州遠山郷 旧木沢小学校にて写真展 「トルコの旅」
2014年
3月
東日本大震災で壊滅的な津波被害を受けた宮城県東松島市の支援のため作成された民謡のCD 阿部康『ふるさと奥松島の唄』のジャケット写真及びデザインをボランティアとして協力
       


「オーベルジュの仲間たちと」

モロッコ アイトボゥグメズ
よく泊まったタバントの宿屋
にて 下から2番目が水野秀彦

1993年撮影



E X H I B I T I O N 水野秀彦 写真展の紹介 TOP PAGE
Copyright 2014 by Hidehiko Mizuno. All rights reserved.